無職旅で泊まったホテル、ホステル、安宿などの情報です

無職旅のホテル情報

ロシアのホテル

-,

モスクワ・シェレメチェボ空港で野宿(モスクワ、0円、個人的には快適な空港野宿です、売店は値段高め)

   

更新日:

寝床の情報

スポンサーリンク

アドセンス336

宿泊時の情報

日付 2015年5月9日~10日(1泊)
料金 無料
部屋 空港の搭乗エリア、ターミナルEの近辺
設備 トイレ、売店、飲食店
Wi-Fi 無料で使えた
その他
体験談 5/9成田空港⇒モスクワ空港 シェレメチェボ空港はけっこう快適です
満足度 ★★★(まあまあ)

アエロフロート・ロシア航空の乗り継ぎ待ちの時に、シェレメチェボ空港で空港野宿しました。

乗り継ぎ待ちですので、入国はしていないです。搭乗エリアです。

床とかベンチで寝るわけですが、マット類などを持参していけば、意外と快適に空港野宿できるように思います。

 

下記の予約サイトのリンク先は、モスクワのホテル、および空港周辺のホテルになっています。

しかし空港の外に出る(≒ロシアに入国する)場合は、事前にビザを取得する必要があるかと思いますので、その点にご注意ください。

ホテルを予約する前に、必ず最新のビザ状況などをご確認ください。

Agodaで予約 ⇒ モスクワのホテル

Expediaで予約 ⇒ シェレメチェボ空港付近のホテル

スポンサーリンク

アドセンス336

地図とアクセス

モスクワの郊外にある大きな空港です。

一応、アクセス情報を書いておくと、モスクワ中心部までは『アエロエクスプレス』という列車で30分くらいです。(2012年の体験談より)

 

施設情報

名前 シェレメチェボ国際空港
ロシア
地域 モスクワ
住所 -


↑空港

アエロフロート・ロシア航空の拠点となる空港です。

私はヨーロッパや中東へ行く時に利用する事が多いです。

乗り継ぎ時間がかなり長くなる組み合わせもあります。

例えば2009年のフライトスケジュールだと、『成田⇒モスクワ/モスクワ⇒エストニアのタリン』ならば、22時間くらい待ち時間があったはずです。

なので空港内で寝ている人も、こんな感じでよく見かけます。

乗り継ぎ待ちなので、ここら辺は搭乗エリアとなります。


↑寝床

寝袋やエアマットを持参すると完璧ですが、『100円ショップのマット』があるだけでも、かなり快適度が上がります。

空調が効いていますし、セキュリティも安心なので、私はリラックスして熟睡できました。

ですが部屋ではありませんので、最低限の注意はした方が良いですね。

例えば荷物にカギをかけて、さらにワイヤーロックを活用する、など。


↑空港

シェレメチェボ空港は、私が行った時はいつも改装工事をしていました。

『以前、寝床として使った場所』が、免税店になっていたりもしました。


↑空港

ここはターミナルEです。

バーガーキングやカフェや売店などがあり、個人的にお気に入りの場所です。


↑朝食

これ全部で800円くらいでした。

お値段はちょっと高めで、バーガー類のセットだと1,300円くらいするかもしれません。


↑おやつ

売店もお値段高めで、これは120ルーブル(≒282円)でした。

売店はたくさんあり、自動販売機もありますが、これでも安めのものを選んで買いました。

ちなみに支払いはだいたいクレジットカードが使えるので便利です。


↑看板

詳細は未確認ですが、乗り継ぎ(トランジット)用のホテルもあるみたいです。

こちらに泊まるのにもビザが必要なのかどうかは、未確認でございます。ごめんなさい。

 

周辺情報

周辺情報は特にありません。

乗り継ぎでしたら、基本的には空港からは出ないと思いますので。

 

あとがき

私は何回かシェレメチェボ空港で野宿していますが、トラブルにあったり、困ったりした事はなかったと思います。

大体いつも快適に寝ていたと思います。

空港の改装などにより、現時点(2017.02.16)で快適に寝られる場所が残っているかどうかは不明ですが、たぶん大丈夫かなーと予想しています。

あと、空港内は物価が高いので、事前にお菓子とかパンを買っておいて、持参していくといいかもしれませんね。

アドセンス336

アドセンス336

   

-ロシアのホテル
-,

Copyright© 無職旅のホテル情報 , 2017 AllRights Reserved.