無職旅で泊まったホテル、ホステル、安宿などの情報です

無職旅のホテル情報

マラウイのホテル

-, ,

ビッグ・ブルー・バックパッカーズ(ンカタベイ、625円、湖畔にあってリラックスできる素晴らしい宿、になり得るかも)

   

更新日:

宿の情報

スポンサーリンク

アドセンス336

宿泊時の情報

日付 2014年7月20日~24日(4泊)
料金 2,500クワチャ(≒625円):予約しないで行った
部屋 ドミトリー
設備 トイレ・シャワー(お湯)は共同で別の建物
蚊帳
Wi-Fi レストランや共同スペースで使えた
その他 レストラン、バー
カヌーとシュノーケリングセットの無料レンタル
シングルやダブルルームもアリ、コテージ式
体験談 7/20国境⇒ンカタベイ 素晴らしい場所、久々の大当たりかも
満足度 ★★★★☆(かなり良い)

設備や部屋は、それほど充実した内容ではないかもしれません。

ですが私がとても楽しく快適に滞在したのは事実ですので、満足度の欄は、かなり高い評価にしました。

マラウイ湖の湖畔にあり、のんびりした雰囲気が素晴らしいです。

 

ところでいつもの予約サイトでは、この宿は取り扱っていませんでした。

それどころか、ンカタベイの宿が1軒しか出てきませんでした。

ですので予約サイトのリンク先は、とりあえずその宿にしておきます。。。

Agodaで予約 ⇒ 取り扱いなし

Expediaで予約 ⇒ Njaya Lodge(別の宿です)

スポンサーリンク

アドセンス336

地図とアクセス

ンカタベイの町外れ、マラウィ湖の湖畔にあります。

町の中心部から

坂道をのぼって徒歩6分くらいです。

バスターミナルらしきエリアも、町の中心部にあります。

タンザニアのムベヤから

別の都市からの移動の話ですが、バスを乗り継いだり国境を越えたりして、12時間かかりました。

首都のリロングウェへ

バスを乗り継いで、9時間かかりました。

 

施設情報

名前 BIG BLUE BACKPACKERS
マラウイ
地域 ンカタベイ
住所
電話


↑宿の門


↑宿

レストランも併設されています。

ここら辺ならWi-Fiが使えました。


↑部屋

たくさんベッドがありますが、私が泊まった時は、私1人だけでした。

並の音を聞きながら寝られるので、とても良くリラックスできました。

蚊が多いですが、蚊帳があるので安心して寝られます。

マラリア感染の危険がある地域なので、蚊帳はとても助かります。っていうか必須です。


↑部屋

ドアの内側のカギが壊れていて、カギのかわりに石を使っていました。


↑朝食

この朝食は1,200クワチャ(≒300円)でした。


↑夕食

カレーは、1,700クワチャ(≒425円)でした。


↑宿

シャワーとトイレの建物です。


↑料金表

部屋は5種類あります。テント泊も出来るのですね。


↑宿

湖のすぐそばのコテージという、素晴らしい部屋もあります。

物置じゃないですよ。コテージですよ。


↑ノート

日本語の情報ノートもありました。

 

周辺情報


↑湖

宿の目の前がマラウイ湖です。

カヌーやシュノーケリングセットを宿で無料で貸してもらえるので、それで遊ぶことが出来ます。


↑銀行

宿から坂道を5分くらい上ると、銀行があります。

ここでUSドルから、マラウイのお金に両替できました。


↑街並み

ンカタベイの町の中心部までは、徒歩6分くらいです。

あまり観光地化されていない、素朴なアフリカの雰囲気を味わえて、とても楽しかったです。


↑お店

スーパーマーケットもありました。


↑飲食店

小規模な屋台的な飲食店もいくつかありました。


↑飲食店

普通のレストラン風の食堂もありました。

宿の人たちも町の人達も、みなさん愛想がよくて親切でした。


↑街並み

バスターミナルらしきエリアも、町の中心部にあります。

ここから他の町へ移動できます。

 

まとめ

写真だけでは伝わらないかもしれませんが、当時のブログ記事だと、この宿を大絶賛してかなり満喫しています。

なので、本当に素晴らしい宿なのだと思います。

例えば日本からこの宿に直行したら、文化や習慣の差のせいで、あまり満足できないかもしれません。

ですが旅の途中で、特にタンザニア方面から来てこの宿にたどり着いたら、私と同じように感激する可能性は高いと思います。オススメです。

 

なお予約サイトのリンク先は、取り扱い状況の都合により、別の宿となっております。

Agodaで予約 ⇒ 取り扱いなし

Expediaで予約 ⇒ Njaya Lodge(別の宿です)

アドセンス336

アドセンス336

   

-マラウイのホテル
-, ,

Copyright© 無職旅のホテル情報 , 2017 AllRights Reserved.